So-net無料ブログ作成

パレスチナ、ガザ地区の女性、ドローシーの絵と知らず2万で売却「だまされた!」ゲリラ芸術家、ドローシーっていったい誰なの? [ニュース【海外】]

パレスチナ自治区ガザに住むラベア・ダードゥナさんとその家族は、昨年のパレスチナとイスラエルとの衝突の影響で自宅を破壊され、路頭に迷ってしまった。


彼女らに残されていたのはかろうじて残った金属製の扉のみ。


ラベアさんは子どもたちを養うため、その扉を175ドル(約2万円)で売却した。そして後にそれは大きな後悔となった。


この扉には、世界で活躍するゲリラ芸術家、バンクシーの風刺画が描かれていた。彼の作品は通常数十〜数百ドルで取引されている。


ラベアさんは売却後その価値を知り「だまされた」と主張したが、購入した男性は「絵を守る目的で購入した」などと話しており、あくまで返すつもりはないようだ。



そもそもこのバンクシーとは一体何者なのか?


バンクシーはロンドンを中心に活動する芸術家で、ストリートアートと呼ばれる手法で落書きのような壁画を描くのがスタイルだ。


本人の経歴は未公表で、未だ彼の素性はわかっていない。


街じゅうの壁に反社会的な風刺画を残したり、メトロポリタン美術館や大英博物館などに作品を無断展示するなど、奇想天外なパフォーマンスで人々から人気を集めている。


壁に描かれた作品の多くは市当局により「落書き」として消されてしまうが、ロンドンの老舗オークションハウス、サザビー主催のオークションでは彼の作品が37万2000ポンド(日本円約8500万円)で落札されている。


日本のファッションブランド「モンタージュ」のTシャツのデザインや、ブラーのアルバム「シンク・タンク」のジャケットも手がけたが、基本的に企業やミュージシャンとのコラボレートは断る傾向にあるようだ。


2005年夏、ヨルダンのパレスチナ側に赴いた際、分離壁に子どもが壁に穴を開けている様を描いた絵や、穴の開いた壁から見えるビーチなど、いくつかの絵を残した。バンクシーのスポークスマンによると、「イスラエルの治安部隊の何人かが銃で彼を狙っていた、空へ向けて威嚇の発砲をしていた」とのこと。


そして今年の2月にガザを訪れたバンクシーは、砕け散った家の断片たちに作品を描いていった。


その価値を知ってさえいれば、彼女とその子どもたちは餓えと無縁で暮らせたかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。